きえないいたみ

昔、机にバカと書かれたことがある。
そのとおり。私はバカなのです。
私はバカだけれど、書いた人の痛みを
少しは感じたから、痛かった。
書かせてごめん。

自分が自分のままでいようとすると、
誰かを傷つけてしまう。
もしも、それでも自分のままでいたいと思うなら、
傷つける覚悟が必要なときもあるのかもしれない。

傷つけて痛くなるのと
傷つけまいとして自分をごまかして痛くなるのと
その痛みの大きさに関係なく、
どちらなら自分は耐えられるか。
どちらの痛みなら、耐えてみたいと思えるか。
いや。それだけでなく。
どちらの痛みなら、もしも耐えられなくてもそれでよいと感じるか。

痛みは、耐えるためにあるのではない。
痛みは、それで痛くなる自分を知るためにある。

何で自分は痛くなる。

痛くなってもいいじゃないか。

痛みは避けてもかまわない。
痛みは避けなくてもかまわない。

痛みから逃げてもかまわない。

自分の痛みは、自分のためにある。
痛みのもとを消すことは、
痛みを消すため。
それでよい。
そして
それだけでなく、
痛みのもとが消えるときに
そのとき なにか があるから。


痛がりだから
痛いのはイヤ。

痛みに弱いの。
痛いのはコワイ。

だから、誰かを痛くするのはイヤ。コワイ。

私はバカなのです。
だから誰かを痛くする。

だからそれでも・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • いたみ に…

    Excerpt: 「きえないいたみ」に… Weblog: Radioみるきーくらうん racked: 2007-12-18 23:51