夜空の下で

今日の午後、地震があったのだろうか。揺れてたけど。
あれは風?
初め、ただ自分がふらふらしてるのかと思った。
だけど、後の方で
「あれ? 地震? 揺れてない?」
という声が聞こえたので、揺れてたのは私じゃない。

昨日暑かったから、少し昨日より着こまなかったら
外は寒かった。

それにしても、あの建物は、なんであんなに暑いんだ?
私は暑いのが苦手だ。
暖房にとても弱い。
だから、脱げる格好をして自分なりに対処してるつもりだけど
まだ暑い。
他にも暑いと感じてる人はいるようで、
今日は窓が開いた。うれしかったけど、風が強いので書類が飛んでしまう。
なので、短時間で閉められた。

暑いのは確かだろう。
その暑さに、まいってしまった・・・
さすが、暑さに弱い私。
汗かいたし・・・

帰り道。やたら寒かった。

帰りの電車。ラッシュほどではない程度の混雑。
なのに、少し気持ち悪かった。多少の寒気。
頭痛い。

空気が悪い。

空気が悪いのは苦手。
冬のラッシュには乗れない。乗ると気持ち悪くなる。
昨日も少しなりかけた。

電車に乗れない。

考えてみると、電車に乗れなくなった時期があり、
その頃から、何かが変わったような気もする。

空気が悪い。

昨日は、それは、
雰囲気が悪い。そのせいかもしれないと思った。
大きな建物は苦手だ。
人がたくさんいるのも苦手だ。
悪い、は間違い。
私の苦手な空間。ただそれだけ。

空気が悪い。

物理的にそうなんだろう。

暖房ききすぎっ!

空気が悪い。

駅に辿り着いて、めちゃめちゃ体がだるい。
めずらしく、歩くのが嫌な気分。
でも、歩かないと帰れない。

マクドで珍しく飲み物をホットにする。
こんなときは、ホットココアやねんなあ。

珍しく、上着を脱がない。
揺れている。
地震でないのがわかる。
ふらふらしてる。
揺れてるのは、私だ。
食べ終わっても、
ただぼーっとしてた。

まずいなあ・・・・・・
歩く気力が・・・・・・
バスで帰る駅にしたらよかったかなあ。
だけど今さら・・・・・・。

しばらく、ただ、ぼーっとし、店を出る。


箱の中で空の下にいるよりも。
このほうがいいや。
体のためのウォーキングは早歩きがよろしいらしい。
心のために、のんびり歩く。空の下。

空の下。あいだにはなにもない。
箱の中で移動するのでなく、
空の下で、そのまんまで移動する。とろとろと。

歩いて帰るのは、普通に考えると体の負担なのかもしれない。
あんなにだるかったら、歩かない方がいいと考えるのが
普通かもしれない。
でも、普通ってよくわかんないから。

歩いてるうちに、なんか楽になった。
空の下、楽になった。
とろとろと、空を眺めながらあるく。いつものように。
いつものように。
とろとろ歩いたから、30分以上かかっただろうか。
わからないけれど。

空はいつも味方だ。
昔からいつでもそう。


裸の木と冬の空はよく似合うと思う。

木は、なにもまとわないことで、
まとえないものをまとう。
お似合いなのだ。

緑をまとった木は、とても美しい。
緑に限らず、かな。

空をまとった木は、とても愛おしい。


ひしゃげた月は、へんてこ。そして星が。雲もちらほら。

なにかのエネルギーが足りないとき、
いつもエネルギーをくれるもの。


私もまとっていたのだろうか。まとえないものを。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック