おひめさまスカート

昨日は、おひめさまスカートをはいていた。
なんじゃそりゃ。
ロングスカート。
どういうのがロングスカートかその定義は知らん。
なんとなく、すねあたりまで隠れるとロングスカートだと思ってる。
おひめさまスカート は、くるぶしくらいまであるやつ。
私の言うところの普通のロングスカートは、階段の上り下りのとき
そのまんまでよい。
階段の上り下りのとき、そのまんまだとひきずってしまうのが
おひめさまスカート。
だから
ひょいとつまんで上り下りするの。
だから
おひめさまスカート。

私は上品とか優雅とか華麗とかそんなんとは無縁だ。

だから、おひめさまとは無縁なんだけど。
おひめさまスカート、数は少ないけど持ってるので
ときどき・・・たまに、はく。
はいたら、いちおう、階段では、ひょいとつまむ。

考えてみると、おひめさまは、階段でなくてもドレスを
ひょいとつまんで歩くんじゃないか?

というか。
おひめさまが裾の長いドレスを着てるって、いつの時代。どこの国。

まあこまかいことは気にせんで。

おひめさまスカートをはくと、なんとなく、
女の子になった気がする。

はっ。
失礼しました。女の「子」なんて図々しいか。

普段、自分が女性であるということは、自覚はあっても
意識は多少しても、
あまり大事にしてない。
女性らしい。なんて、自分と無縁だと思ったりする。
だけど、
ひょい とつまむのが、どこかヘタクソなんだけど
どこか女の人みたいで、
(・・・みたい、て、一応そうなんだけど・・・)
ほんのちょびっとだけ、
おひめさまもどきな感じを私の中にもたらす
おひめさまスカート。

昨日の帰り道、家の近くの中学校の前を歩いていたとき。
男子生徒が、閉じられた校門を乗り越えて校庭に消えていった。
忘れ物か?

いいなあと思った。
(彼にとってはちっともよくないことなのかもしれないけど。
めんどくさ~とか思ってたかもしれないけど。)

閉じた校門、乗り越えたことないよ。
残念。
一度くらいやりたかったなあ。
(いつかやるか?)

ああ。思考回路はちっともおひめさまじゃない。
いつものまんま。そのまんまのわたし。


おひめさま って、どんなイメージ。

もし、

わがまま
あまったれ
なまけもの

なんてものもそのなかにありうるのなら。

わたしはいつもおひめさま。うふ♪

うふ♪
って、ちょっとぶりっこしてみました。うふ♪
(・・・しつこいって。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック