うさぎぺったん

今日帰り道、月を見てたら、うさぎがもちつきしてるように
見えました。
これって、珍しいことじゃないですよね。きっと。
だけど・・・
あれ? はじめて??
という気分。
実は、私は今まで、よく言われる「うさぎのもちつき」に
自然と見えた事ってないような気がするんです。
よく言われるのでそうやって見てみようと思って
見えたような気がしたことはあったような気がするんだけど。
ふっと月を見てそう見えたのは、なんか今日が初めて
のような気がしてちょっと新鮮。
あとはなんだっけ・・・
カニとか?
他にも見え方として、なにか言われてるものが
あったような気がするけど・・・。

今まで月を見て、あれは
ただのもようでした。私の中では。意味のない。
ただのもやもや。
想像力ないしなあ。

でも、それでも月を眺めるのはきらいじゃない。
わたしにとっては
月にうさぎがいようといまいと、どうでもいいことで。

ふと思ったのが・・・うさぎはともかく
「もちつき」は、実際にただそんな風に見えるから
それだけで、よく言われるようになったのだろうか。
「つ」に濁点が付くと満月を意味することとのつながりは
ないのだろうか・・・。

こんなふうに、のんきに月をながめられるのは
なんてしあわせなんだろうと思ってしまう。
うさぎだろうが、もちつきだろうがどーでもいいっす。

のんきに月をながめたりするのが
あたりまえだといいなと思ってしまう。


日本の風情ある表現、イメージは素敵だなと思う。

外国の星座も、
想像力のない私には、
ただの「3つ並んでる」とか、「W」とか「M」とか
味気ないものでしか表現できないけれど、
物語と結びつけて星と星とをつなぐことができて、素敵だなと思う。

違いはあるけれど、その違いって一体・・・

月のなかに、何が見えてもいいと思う。
だけど、ぼんやり月をながめて、ぽわんとしたりする感覚。
国とか言語とか文化とか・・・
きっとあまり関係ない気がするのに。

どうして、ひとつであってほしいことが
ひとつにならないのだろう・・・

きっとこのほしのあちこちで
おんなじようなこと思ってる人たちがいる。

みんなはあの月を、どんな気持ちで目にしてるのだろうか・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「うさぎぺったん」について

    Excerpt: 「うさぎぺったん」について それぞれが自由に描くカンバスは たったひとつの輝くまんまる Weblog: Radioみるきーくらうん racked: 2007-12-18 20:44