自分の習性

僕は、めんどくさがりだ。
テキトーに楽に済ませようとすることが多い。とても。
だけど、特別大切にしたいものに関してだけは、まさに特別。

僕は言葉が好き。言葉を使う仕事をしていたこともある。
物書きとかでは全然ないけれど。
(広い意味で接客業は皆、少なからず言葉を使う仕事になるだろう。)
「そんなに一件一件全力投球して疲れない?」
上の人から時々そんな感じのこと言われたこともある。
だけど、これが僕なんだ。特別なものに関してだけは特別なんだ。

尊敬してる人が、自身にとっての大切なものに関して
「めんどくさい」というような言葉を発するのを耳にしてしまうと悲しくなる。
でも、信じてるから別にいいんだ。その人は、いつもその人らしくあるから。

以前お世話になってた上司が異動になったと知らせてくれた。
僕がいた部署に、また、戻ったんだ。
思い出す…その部署を去る前、その人はやる気を失いかけてた。
僕はいつもどおりただ自分自身が思うことだけを言葉にする。
その人は最後の最後まで全力投球して去った。その人らしくあり続けた。

僕は時々余計な口を出す。これが僕の習性だ。
今日も思わずついつい、余計な言葉を口にする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック