ゆめ

ピアノを弾いてる女性がいた。知らない曲だ。
ピタッと曲が止まる。突然。それはわかった。

こちらを見て、微笑んで、かがんで、
ごそごそと足元から、なにか出した。

立ち上がり、それを私に渡した。
立ちすくむ私に、それを手渡すのだ。

魚だった。真空パックの。
魚のひらき。

「私の故郷の魚なの。」
(私にそんなこと言われても…)と思った。

それなのに「ありがとうございます」と受け取った。
そしたらまた微笑んで。女性が消えた。


目が覚めた。夢だったのだ。
目に焼きついてる、夢の中の真空パックの故郷の魚。


どうしたらいい? この魚。
どうすればいい、消えない故郷の魚。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック