ギャル曽根ちゃん

ファン とかではないんだけど、
ギャル曽根ちゃんの食べっぷりを目にすると やっぱキモチイイ

とはいえ 大食い というものに関しては…どうなんだろう
と思ってしまう。それなのに
なんとなくギャル曽根ちゃんに好感持てるのは、彼女の
あれだけの量を食べても常に ごく普通に
笑顔で美味しく食べている
その姿に対して なんだろな


太る 肥満 デブ。マイナスなイメージで見られることが多い。
多くの人が やせたい と思っている。
単純に、たくさん食べれば 食べ過ぎれば それだけ太る。
これが一般的に普通。

ところがどっこい

ギャル曽根ちゃんは太らな~い

食べることを楽しんでる姿は魅力的だし、
その量は やっぱ とんでもなくて フツーの人間を超えているし、
しかも、太ってない。

彼女のキャラクターというか雰囲気とか、本来持ってるものも
可愛らしいというか…

不思議で、でも、ほんと普通にカワイイ女の子。

なんだかマンガの世界から飛び出してきたキャラみたい


そんな彼女を見て、なんとなく思った。
昔はともかく、現代、主に 特に食べ物に不自由しないと言われてる国で
太ることが好まれず
やせているほうが好まれるのには、

ただ食べればいいというわけではない
食べすぎは良くない
もっと食べることに感謝して楽しんで食べましょう


という意識が 実は潜んでたりはしない

もちろん、デブがダメ というのは、見た目の問題が大きく
それを意識してしまう私たちではあるけれど

ほんとうは、そういうことでなくて…

でも、見た目で デブがダメ というのが わかりやすいから
なんだか そういうことになってしまってるだけで。

別に太ってるのが悪い というのではなくて
(確かに健康面で肥満は良くない要素が多いのだとは思うけど)
体も心も健康というか、本人が しあわせ であるならば、
別に体型が ほっそり だろうが、ふっくら だろうが
あまり関係ないのではないかな なんて思う。
(まさに「そんなの関係ねぇ~」…笑)

食べることを楽しんで感謝して…
心が満たされてたら、たぶん、人は食べ過ぎないから
太らないことが多い。
(こういうことが、ただ一般的に
たいてい該当する というだけのこと、というか…)


食べることに不自由しない日々を送っていると、
食べることに感謝する気持ちは忘れがち。
私もそうです。

だけど、好きなもの 美味しいもの 食べると
うれしくなって笑顔になって しあわせ と感じる。

実は、食べられることそのものが しあわせなんだと思うのに。



ギャル曽根ちゃんは、大食いだから 特異な存在
さらに、大食いなのに太らないから 特異であり、羨望を集めたりもすると思う。
そのへんが注目されることも多いけど、
やっぱり、彼女の魅力は、

なんでも美味しそうに食べる笑顔


よくわからないけれど、不思議な体質? なのかなあ。
あんなに食べても 元気みたいなので、
見ず知らずの私が余計な心配はしなくていいのでしょう。
大食いがお仕事みたいになってるので、それはそれで
健康に問題ないなら良いのでしょう。

彼女のカワイイ元気な食べっぷり 笑顔

それを ありがたく 「 ごちそうさま~ 」と
いただきまして、

要は、太る太らないではなくて、

食べる ということそのものを 楽しみたいなあ
と、あらためて思ったりしちゃうのでした。

不思議で ふつうの ギャル曽根ちゃんという存在から
受けとったことは、とても 当たり前な基本的な たいせつなこと。


なんかわかりづらい文章かも…すみません


なんだか矛盾するようなこと言ってるかもしれないけど…
私が ギャル曽根ちゃんからいただいたものを
ちょっと書いてみました


“大食い”がウリ なんだと思うけれど、
ぷりてぃーな食べっぷりが
最大の魅力だと思うので、量はともかく
これからも、元気に可愛い ギャル曽根ちゃんでいてほしいと思います

ギャル曽根ちゃんの
かわいい姿に(*^-^*)ありがとうございます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック