ニート 引きこもり ワーキングプア 無職 パラサイトシングル 派遣 アウトソーシング

私はずるい人間かも。今頃書きます。白状します。

私は数年前から無職です。
最初いわゆるニートでしたが
年齢が日本の定義を越えてしまったので
いちおう現在、この国の分類上はニートではないです。

このブログは無職のパラサイトシングルが、だらだら生きながらも
自分なりに真剣に考えたり
日々感じてることなどを記しています。

そんな人間がナニ遊んでるんだ! と言われてもしかたないです。


とても勝手な言い分だとは思いますが書きます。

数年前まではフリーターでした。パートタイムで少し働く程度です。
繁忙期や臨時のお休みの人が出た時等には
いつもよりたくさん働きましたが。
けっこう重宝がられてました。

この働き方、実は気に入っていました。

パラサイトシングルですから、
自分が守らなければならない家庭はありません。
家に守られてる…というか寄生してる身分です。
それでも生活できる ある種、非常に恵まれてる状況です。

それを活かし、普段は少なく働き、人手が足りない時は
できる範囲で多く働く。
長時間の残業なんかも一年中は無理ですが
期間限定なら体を壊したりすることもなく乗り切れます。

今の世の中、派遣・アウトソーシングが流行り、
たくさん働きたいのに、必要な時だけとか
低賃金で使われ
生活もままならない人がいたりもします。

その一方 働きたくない人間もいるわけです。

ニートは とりあえず働かなくても生きていられるから
ニートでいるのですよね。
その数が少なくはなくて、社会問題になってるのですよね。

もちろん、なりたくてニートでいるわけではない人も
多いのかもしれないですが

働きたくないから働かない という人も少なくないのでしょう。

(不勉強ですし、実際のニートの人達と接してるわけではないし
勝手な推測で書いてます…すみません。
不適切なこと書いてたら、ご指摘ご意見等くださるとありがたいです)

ふと想ったのですが
“ニート専用 派遣登録会社”のようなものはあるのでしょうか?

ニートと呼ばれる人のなかには
派遣・アウトソーシングの会社に登録し、
少しは働くという人も含まれるような気がします。

そして、私の知る範囲で強く実感してきたのが
繁忙期のみ多くの人間が必要という企業が少なくない。
そういう企業が主に
派遣・アウトソーシングを利用するのだとは思います。
(私自身、派遣やアウトソーシングの会社の社内スタッフとして、
そして、外に派遣されるスタッフとしても働いていました。)

ひょっとすると ニートは とても貴重な状態の人々かもしれません。

ニートもフリーターも、社会問題になってますが、
実は社会の貴重な資源ではないですかね??

世の中が、
フルタイムで働くこと 正社員であることを一番良いものと限定し
それを 当たり前 としなければ
堂々とニートでもフリーターでもいられます。

せっかくそれでも生きていられる人がいるのなら、
そういう人に、少しだけ、期間限定で働いてもらう
そういった働き方をするのも
とても貴重な働き方の一つであると
世の中が もっと肯定したら…(めぐりめぐって…)

ワーキングプア、減りませんかね???

ニートの人も、期間限定なら働きませんか?

そして
ニートはありがたい存在! という社会は いかがでしょう?

夢物語ですかね??


そして。
会社で働くだけが 仕事 ではないです。
(ものを動かすことを「仕事」と言うのですから
例えば人の心を動かす なんてのも
お金は稼がなくても仕事と呼んでも
言葉として間違いではないはずです。)

会社で働くのが嫌だからニートであるという人は、
会社でなくても
お金を稼がなくても としてく ことはしませんか。
自己流仕事♪

たとえば、こんな私のように。

好きなことだけでも しないより したほうが
単純に楽しい。
それを喜んでくれる人が 1人でもいてくれるなら
仕事はしていることになります。
(フツーこれをヘリクツと呼ぶ?)

そして、こういう生き方もあっていいじゃないかと
世の中が ゆるしてくれませんかね?

甘いですか? 甘えですか?


日々働いて、会社や家庭を守ってる人々が
なかなかじっくりできないようなナニカをすれば、
という条件付で。


日々忙しく働きながら、他にも いろいろな活動やってる方々
尊敬します☆

といっても
日々忙しく働いてる人は、それ以上しなくても
余暇は別に動いても動かなくても…
(既に何か一所懸命してる人に
そんなに多くを求めたくはないです)

そして
尊敬はされないとしても、
日々忙しく働いてないからこそできること
それをやってる人間の存在

これはこれで こういう存在もいていいと認めてもらえたほうが
かえって こういう存在は減るかもしれません。

とりあえず少しだけ働くうちに
とりあえず、稼ぎはしないけど動くうちに仕事するうちに
フツーに働きたくなっちゃうかもしれませんから。


いきなり 一般的な当たり前を求めないでください。

すべての人間に 多くの人が好ましいと思うものを当てはめないでください。

いろんな生き方 いろんな時間の過ごし方
人それぞれ あっていいじゃないですか。

せっかく個性尊重なんて謳われる世の中なのに
ちっともそのへん個性尊重されてないような気がします。

ニートという個性
パラサイトシングルという個性
こういうのはダメですかね。
もちろん短所はあるけど 長所もあるはず。
個性って そういうものですよね?

今の世の中って、中途半端な個性尊重ですよね。

中途半端な生き方も個性として認めてこそ、
本当の個性尊重ではなくて?

本当の個性尊重が認められる世の中のほうが
いろいろカラフルで面白くないですか?

そんなカラフルな世の中になってくうちに

… 引きこもり も減るかも。

ちなみに私は 元・ひきこもり で~す♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2008年01月13日 19:01
何度か読み返しました。
妹の 言いたいこと 聞いて欲しいこと
兄だから 
特別に わかってあげることにします。

兄は 振り返れば
やりたいことを やってきた人生です。
言い換えれば
兄は 「好き。」を 仕事にしてきました。
兄は とても 健康なのです。

兄は お金は 追いかけません。
熱く熱く 生きていこうと決めています。

兄は 迷子になった 年下の世代
後輩 若者 そして 大切な妹に
兄らしい生き方を 見せて行こうと思います。

「あんな人生もあるんやな」って 感じてもらったら
兄の人生は とても意味のあるものだったと 思えます。

妹の人生 見守ってあげます。
兄の人生 見ていてください。

妹に出逢えて ありがとう。  感謝。
ズンドコ節
2008年01月15日 00:50
ニートやパラサイトが社会資源っておまえほんと馬鹿だな。
自己本意、堂々と侵食を語れる驚異な微生物。
ズンドコ節
2008年01月15日 01:01
病院へ強制入院したり警察の保護観察処分になった引きこもりの苦しみ、お前には分かるまい。
おチャらける余裕のある不純物、うざいよねー。
ズンドコ節
2008年01月15日 01:18
追い込まれてないパラサイト。
どんだけ真面目な人間に侵食するの?
2008年01月16日 21:56
「兄」様、お忙しい中 来てくださって
どうもありがとうございます♪

兄の人生 大好きだからこそ、
心から尊敬してるからこそ
妹は
ある意味 こんなバカなことを
本気でやります。

ちなみに、この「兄」については、いずれ記事に書かせていただきます。
一人っ子の私に、こんな風に親身になって見守ってくれる「兄」がいる事実。

人間関係 ネットにだけ頼るつもりはありませんが
ネットの力

いえ、ネットというより

言葉の力

これを信じてるから。

兄と「初めて」会える日までに 少しは成長できてるよう しっかり生きますね☆

兄と出逢えたこと 本当に感謝です♪
(*^-^*)ありがとうございます。
2008年01月16日 22:05
ズンドコ節さん、コメントありがとうございます。
あなたの言葉、とても貴重です。
それは 現実の事実を含んでいると思うから。
言葉にしてくださって本当にありがたいです。

私のやってること、
ただの悪ふざけだとしたら、本当に
タチが悪いですよね!

ですから、あなたのおっしゃることは
間違ってないと私も思います。

問題は、私は本気であるのに、
それをうまく伝えきれてない
中途半端な伝え方しか出来てないという
今の事実です。

それを あなたが私に教えてくださいました。

(*^-^*)ありがとうございます。
私ね、ペースが遅いのです。
だからイライラすることもあるかもしれないけど
よかったら ゆっくり これからも
お付き合いください☆

あなたはとても真剣に考えることが出来るし、
ちゃんと言いにくい事も言葉に出来る人だから
私の味方になってくれたら嬉しいです☆
図々しい甘えだけど、
これからも どうぞよろしくお願いします☆

遠慮なく コメントくださいネ♪

この記事へのトラックバック