引きこもり 私の場合 (1) 大まかに なったワケ 出たキッカケ

私は引きこもり です。でした? です?
といっても、比較的グレーです。中途半端でした。
それほど深刻なものではないです。

人・社会との接触はなく、ほとんど自分の部屋におり、
昼夜逆転のような生活で…
典型的な引きこもりかもしれませんが、
親とは話していましたし、気まずいというか重い空気は多々あり
私も苦しかったし親もそれは同じだったでしょう
けれど。
私は基本的にはそんな感じなので(笑)
(今だって…
元気に外を出歩き人とも平気で会いますが、
生活そのものは当時と似ている状態ですし、
高校の頃から、あまり真面目に登校してなかった…)

そもそも、私の場合は

外部からの攻撃に傷ついて引きこもったケースではないのです。

私が私を追い込んだのです

具体的な何事かがあったわけではないのです。

今までの私自身が積み重なって
私を苦しめただけのこと。

私にとって
自然な自分でいると、生き難い社会に感じられるから。自分が嫌い。
この社会に生きてることそのものがストレスだったというか、
それに疲れてしまう私なのです。
周りに恵まれ、素敵な人達・作品等と触れあい、たとえ楽しかったとしても。

自分のすぐそばにいてくれるものが味方だとしても
それが存在してる社会そのものは苦手で

何より、親が苦手で

自分が嫌い

自分以外に大好きなもの・人、それらがあっても、恵まれてても
結局、自己嫌悪が強いと

なんにもできない。



引きこもりを脱出したキッカケは単純です。これは、よくあるケースでしょう。

自己肯定。

今までの 自分の すべてを 認める。

感謝する。頭でなくて

心から 自然に うれしく ワクワクする すべてへの感謝
これを味わう。


自分の親に対する複雑な想いは正直今も多少あります。

それでも、
自分の親も含め この親の娘として生きてきた時間はもちろん
過去のいろいろな時間、特に苦い経験
それらをそっくり受け入れて

これら全部で 今の自分

今の こんな自分 欠点だらけでも これでいいや♪

この自分に ありがとう

と思えたことで、
自然に外に出られるようになりました。

とりあえずバイト探しを始めました。


私の場合。すぐ長くなりすぎるので、
記事をいくつかに分けて書いてゆきますね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック