普通とか普通でないとかが関係ないような、そんな関係の成り立ち

「普通」というのは、なにを「普通」というのか
それこそ非常に難しい。

通常 常識 一般的…
普通であることは、実は とても素晴らしいことで
それを否定するつもりは全くないのですが、
それでも人それぞれいろんな人生がありますよね。

その人だけの人生…
ちょっと変わった道を歩む人もいるし…

それもそれで、いいんじゃないかな

そういう意味での 平等というか…

例えば
いわゆる障害があるか ないか
健康であるか 病気であるか

障害がないほうがいい
健康であるほうがいい
これはこれでそうだとは思いますが、

障害を持っていても それを乗り越えてらっしゃる方々もいるし
病気と闘いながら 明るく元気に生きてらっしゃる方々もいるし

それぞれ 違い 差 特徴 はあるけれど、
単純に 同じ人間にすぎない。

どちらが幸せで どちらが不幸で と
簡単に決め付けるわけにいはいかない。


いわゆる多数派を 普通 とした場合、少数派は 普通でない。

どっちが いい わるい とかでなく
普通といっても様々で1人1人違うし
普通でないといっても色々で1人1人別々。

まず 単純に シンプルに  1 対 1  として
誰かと誰かが接する。

「単なる1にすぎない ある人」 と 「単なる1にすぎない ある人」
という関係が基本になる。

そういう人間関係が成り立つのが 理想だと思うけれど、
実際は この単純なことが 難しいことになってるような気がしてしまう。


例えばここで
引きこもり とか ニート とか 大ざっぱな括りで
いろいろ書いたりもしていますが、
実のところ 1人1人 違い 差 があって、簡単に ひとくくりになんて
本当はすべきではないんだと思います。

考えてみると、

私自身、今まで うれしかった関係 というのは、

出会い、知り合う きっかけはいろいろで
同じ学校、クラス、同じ職場、同じ趣味の集まり等等
そういった 同じ からうまれたものも多いけれど、
違う からうまれた関係もあり、
きっかけは、
同じ であった場合だろうが
違う であった場合であろうが

あくまでも 単なる一人の人間同士として
相手と付き合えた時の関係であったと思います。


とはいえ、相手の立場、自分の立場
それぞれあって、
違いがあったりすると
やはりそれが気になってしまうこともあるし…。

ほんとは、

ただの 私

ただの あなた

として、ただ 出会い 知り合ってゆけたらいい

そう思います。そんな関係がいいな


そんな関係が 当たり前 の世界になったら
それこそ宗教の違いなんてもので争うこともなくなる…
とは思うけど、非常に難しいですよね…

言葉にするのは簡単だけど、現実はあまりにも…


世界のことをどうこうなんて、あまりに遠いので、

まず、ここ Radioみるきーくらうん は、
同じ も、違う も、そんなの関係ねぇ!(笑)
と いった関係が成り立つような場であるといいなあと想っております。

1人1人が 自分の居場所を そんな風にしてゆけば
どこもかしこも そんな場所になりますよね


て。超・楽観主義だけど…(^^ゞ
言葉にしたいので
言葉にしてみました

そして。ただ言葉にするだけでなく、
ここをそういう場所にしたいし、
私自身、こういう想いで これからも生きてゆきたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月18日 17:11
今回は、トラックバックではなく、
自らコメント付きのリンクにしてみました。
「URL」をクリックすると記事に飛びます。

まだこのブログ、使いこなせてなくて(笑)

う~む。試行錯誤はまだまだ続く…

この記事へのトラックバック