はね

手も足も もしも 片方だけになっても
ないよりは あったほうが
ひとつだけでもあれば意味はある

目も耳も両方あってこそかもしれない
それでも
両方ふさがなければ
見ること聞くこと できないわけじゃない

私に翼はない

空は飛べない


もしも羽があったなら

誰もが想う そんな夢


もしも羽が かたっぽだけあっても
きっと空は飛べやしない


空飛ぼう
飛べなくなるまで飛んでいよう
ふたつのはねで羽ばたいていよう

この記事へのコメント

遠くの星、いま/ここにある星
2008年02月11日 22:38
ああ、なんだかせつないですね。
てをつなげば、
てをつなげば、そらもとべるかも...
きっと...
2008年02月11日 23:25
「てをつなげば」…そうですね
あったかいことば
ありがとうございます(*^-^*)

人は つながることができる生き物だから
羽がないのかもしれないですね。

じぶんひとりに羽がなくても
じぶんいがいのだれかと
手や言葉や…
そう 互いの心・想い
つながれば きっと
そらもとべる☆

人の、つながりたい
という慾は翼につながる気がします…

この記事へのトラックバック

  • つばさ

    Excerpt: 「はね」について Weblog: Radioみるきーくらうん racked: 2008-02-11 23:39