つばさ

はね」について



異なる者同士

じぶんというひとつの
かたっぽのはねになれたら

異なる者同士

てをとりあい

異なる上で
その背に
片方ずつの羽ひらき

羽ばたくことは

夢というより

その翼が夢を翔る力となる

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック