同じだけど違うし、違うけど同じ

同じ社会に生きてても
同じ会社に勤めてても
同じ家に住んでても
同じ血で繋がってても
同じ言葉で話してても

人は 1人1人 違うんだよ。

だから、
すれ違ったとしても
簡単に何か伝えたり受け取ったりできなかったとしても
それは
当たり前のことで 間違いなんかじゃない。


血が繋がってなくても
人と人は同じ人間として繋がることができるし

遠く離れて暮らしていても
同じ思いを持つことはできる。

それぞれ違う役割担って
一つの職場や家庭を動かしていったり
一つの作品つくっていったり

同じ うれしい たのしい きもちいい 求めることや目指すこともできる。


この社会に いろんな人が生きていて
姿形も内面・性格も、年齢、性別、職業…

いろんな病気や障害
目に見えるもの 見えないものもあり

ほんとうに 人それぞれ

抱えてるものの組み合わせはバラバラで

違う。


それでも、この一つの社会に生きていて

たまたま
この日本という国家のなかでは、
地域社会ごとに それぞれ 違いなんかはあったとしても

日本語 という一つの言葉が 基本 となっている。


同じ日本語だから 簡単に 伝わる なんて思ったら大間違い!

同じ日本語だからこそ、

同じ一つの言葉なのに
人それぞれ、
言葉に対する想い・イメージ・価値観・考え・視点等等

見えないとこ わざわざ表現しないとこ

全然違う部分は当然あるから

実は かえって ややこしくなることもある。



それでも

そんな風に違っても、同じ言葉

この社会では(基本的には) みんなで

同じ 日本語 使ってるから

この言葉を使う者同士、

同じ者だからこそ

この 言葉で

いろんなことが


できる。


それを信じてる。


失敗があったとしても
順調にいかなかったとしても

もうだめかも…と感じてしまうことがあったとしても


同じ言葉使ってる者同士

同じ人間同士


一期一会の人とも

一生つながっていたい人とも


相手に対する想い、感情
それぞれに対して違ったり いろいろだけど


同じ人間だから

同じように誰でも、人は 人を想う。

人間なんて大嫌い!
そう想うことがあったとしても、結局 自分も人間だから


人間が大好きでいられる社会に
生きていられたら


みんなで この一つの同じ想いで生きていられたら


どこの社会もそんな風だったら


人間だけでなく、
人間とは違う 一つ一つのすべての命が

この星そのものが

もっと 生き生きと

同じように

生きていられるはず。


小さな小さな ちっぽけな私は想う。

この星に生きてる命はすべて、
きっとおんなじようなこと想い願ってるはず。

いちいち言葉にしないだけだったり
その想いをいちいち確認したり認識したりしないだけだったり
気づかないふりしてても。


ひとつひとつそれぞれちがっても
みんなおなじ一つのこの星という命に
存在してる命なんだもの。


こんな想いを、いつの時代も
いろいろな場所で
いろいろな表現で

出して

それを

受け取ってる

人間たち。私もその一員にすぎないです。

私は たまたま 今、ここで日本語を使い
それをしてるだけのこと。

誰かと私は違うけど 私も誰かと同じなだけ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック