この頃おもうこと

私はデジカメ持ってなくて…というか
携帯もまともに持ってないから

シャメ なんて なくて…

写目 写す目がないのは
ちょっとさみしいかもと感じるようになってきた今日この頃。


日々、空を見るたび きれいだなあ♪ と感じて、
よく思うんだ。

カメラ持ってなくて良かった と。

カメラ持ってたら、日々 撮りすぎちゃうよ。


今までに何度か 空を撮りたくてカメラ使ったことあるけど、
どの空も撮りたくて 撮りたくて
あっという間に 撮れなくなる。枚数の限界。

いっそカメラなんて持たないほうがいいさ♪

そう想ってたのに…。


写真 というものに対して特別な思い入れがなくて…

ただ、写真は やっぱりイメージを広げてくれるし♪
なんて想うからこそ、このウェブリブログを選んだ。

テンプレートを記事ごとに選べるブログ。私はコレしか知らない。

音声を載せたいのが きっかけ だったけど、

このブログのテンプレート選び 楽しみながらやっている。

といっても…
テンプレートの画像は私の撮った写真ではない…。



写真。ただの お飾り というものではない。

今までの私にとって写真というものは
記念とか 思い出とか… そういったものと結びつくことが多かった。
自分自身にとってのカメラ、写真は主にそういう感じだったな…。


カメラが その人の目であること、わかってるはずなのに
そんなに強く意識できてなかった気がする…

目。


誰かの目になりたいと想うことはあったのに

誰かの写真は 写真を見せてもらうものだと感じてた。

誰かの写した写真を見ることが
その人の目になれることだと感じる感覚…

なかったわけではない気がするけど…


この頃 強く感じるようになった気がする。


たしかに 見せて もらう ものだけど…


その写真にうつってるもの
自分の目にうつってるものとして

ただ感じる

ことも可能なんだ。


不思議な感覚。


その人の目なのに

それが自分に移る

そんな錯覚かもしれない感覚。

(なんかの映画じゃないけど)
その人のなかに入り込んで

その人の目で ものを見る。


別に 写真に限らず、いろんな作品とかでも
視点を自分自身のものから
その中の(誰かの)視点に移せれば

こういう感覚は可能。


だけど、作品うんぬんとか
作者の視点とか
そんなんじゃなくて

それこそ、何を伝えたいとか 表現とか
そんなんもなくて

ただ その目になれる 感覚。





同じ空でも 何枚も何枚も 写真を撮りたくなる。
そんな気持ちは味わったことある。
それこそ、一歩進むたびに
その景色をうつしたい。

その景色を心にうつしたくて日々カメラなしで生きてるわけだけど…


ふと想う。

私は、同じ事を 何度も何度も 言葉にしたくなる。
それこそ、毎日、毎回 想うたび 感じるたびに。



私はカメラなんて持っちゃったら、
デジカメなりカメラ付きケータイなり持っちゃったら…
画像を管理しきれない気がする…(^_^;)

だって、私の言葉の数々
全然管理しきれてないもの…


う~む…


自分の 目
そのままとどけてみたい気はするけど…

とりあえず、今は、やっぱ 言葉 で…

あとはウェブリブログのお力を拝借しつつ…


目そのもの というより、
心の目の イメージ 想いの景色になってしまいますが…
テンプレート。この力も借りつつ、ここでは生きてゆきたいと思います。



前に朗読やってた時、台詞が多かったり、
民話とか語りそのものが題材だった時…

伝える

ということすら気にならなくなる。そんな感覚を味わうことがあった。

作者の視点とか、朗読者としての視点が消えて

ただ その物語の中の誰かの視点そのものになって
言葉を出すとき…

ただ そこに生きてるとき

伝えるなんていちいち意識していない。それで十分。


先生に、台詞はいいけど
地の文が下手クソだと言われてたっけ…(^_^;)
小説より、民話の語りのほうが向いてるとか…

う~む。いろいろおもうことありすぎ…
そんな日々を生きています。


伝えること したいけど、私の場合、その意識は
いっそ消したほうがいいのか??
このブログの試行錯誤はまだまだ続きそうであります…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック