きょうの景色

夕暮れ 信号待ち 空を見上げる
鳥たちが まわるまわる

群れが描くのは 8の字?

いえ無限に見えたのです 無限大 ∞



どうしたらいい?

動くとき いつも一人の私


見えない繋がり信じてるけど

見える つながり 見たくて 触れたくて…


鳥たちが描く ∞ ひとりぼっちで見上げながら
うれしくて さみしくて

うれしくて。



こたえなんて見えない

可能性が無限大なら目で見るなんて不可能。


目に見えたら 信じる必要すら いらなくて

こたえがひとつなら 可能性は もう終わり。
そのひとつだけ。



見えないものがありすぎて 苦しくなる。贅沢な苦しみ。




よみがえるのは あの日の感触 あの瞬間の ギュッ。
わたしだけのものではないかもしれないのに
信じたくなった

わたしだけのものがほしいとくるしくなるぜいたくないたみ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック