映画『ガチ☆ボーイ』感想 2 ~日の輝き、陽の光~

障害を抱えて生きる。
一人では生きられない。
周りに迷惑をかけながら生きるしかない。

近くにいる人を失望させながら生きる。

それを否定しない。

こんな生き方を否定なんてしたくない。



『ガチ☆ボーイ』タイトルに ☆ が入っている。

投げ飛ばされて 落っこちて…頭はクラクラ
星がチカチカ飛んでそうなシーンが多い映画だ。

だけど 星は 希望の星! まるで太陽!

日 であり 陽 のようなもの。
チャットモンチーの主題歌『ヒラヒラヒラク秘密ノ扉』の歌詞のイメージ通り。


主人公・五十嵐。
そういう生き方してる彼だからこそ、周りにとっても、
希望に繋がる存在になる。


そんなふうに感じました。

プロレスの仲間にとっても、


彼の家族にとっても。


彼の父、そして妹。ふたりの存在も印象深いです。



五十嵐は 天才 と呼ばれてた。
確かに天才かもしれない。
毎朝、過去を記憶しなおす。記したものを憶える。

ある意味、記憶力抜群です。
記憶障害になっても。

確かに優秀な頭脳の持ち主なんだと思う。

そんな彼だからこそ、家族を失望させることになる。
障害を抱えた日から…。



後半、プロレスシーンも最高ですが、
彼の家族のシーンも沁みます…


妹・茜ちゃんの 走るシーン
景色も含めてホント美しかったです♪


支えてる姿もカッコイイ! 光ってます。


あきらめない熱い血の天才です、五十嵐家!



確かに、おにいちゃん、妹に思いっきり迷惑かけてます(笑)
でも、
支え、支えられ…
支えあう関係って やっぱいいなあ♪


(ラストのお父さんの姿も、目にしてホント気持ちよかったです!)




一日一日の輝き

失望の後に また明けて やってくる陽の光

ピカピカです☆

そこにあるのは希望の灯♪


障害のあるなし関係なく、

人は人に迷惑かけても、失望させても

また希望に繋げる可能性を持っている。

失望に負けず、あきらめず ガチンコで生きてゆけば…☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック