記憶に残らないこと

忘れるということはあってもかまわない
忘れるということがあったほうが救われることもある

記憶に残らないこと
記憶に残したくないこと
記憶に残す必要ないこと

そんなこと忘れて生きてゆく。

忘れたくないこと

記憶と呼べない何かに残り続けることもあるのだろう。

記憶に残らないこと 自分の意思より
誰かの意思で愛されてるなら知らずに得ている幸せ
そういうものもあるかもしれない
記憶に残らないという宝ものは授かるもの。

人は宝を求めて探しに行くから。

この記事へのコメント