あるともだちの30年に~願い・想い~

彼女にとっての30年
いったいどんな…
想像すらできない…

30年かけて抑えこんできたもの…


大好きな きょうだいが先に逝ってしまい
自分は両親を悲しませないように…と

ずっと ひとりで 抱えてきたんだ…

そして両親を見送って


ひとり。


彼女の印象。最初からずっと 強さ だった。
しっかり者で、落ち着きがあって…
だから尊敬する面、見習いたい面 いろいろあって…


私には自分のすべてを話せると言ってくれても
全然話してくれてないと…


バカだよな私。


30年ずっと 全部自分一人で解決しようと生きてきたんだ。


そう簡単に話せるわけない…




まだまだこれからだよ。これからもっと楽に生きてほしい。


今は もしかすると どん底かもしれないけど…

いろんな出来事が次々とあなたを襲い…


ある意味すべてを失ってしまった 今

きっと今が チャンスなんだね。あなたの。



あなたの幸せを きっと、三人も見守ってるよ。


だから一人きりで抱えこまなくていいよ、もう。



私は力になれないことばかり。役には立てない。

だけどこんな私にできることなら何でもするよ…


頼りなくてごめんね。


だけど今、ホッとしてる。

だいじょうぶだよ。なんだか、降り続いてる雨が上がる気配を感じるよ。


彼女を誘って映画でも観に行こうか…

あの映画を観た時、彼女のことが浮かんだ。

彼女が見たら、いったいどんなキモチになるのだろう…



どうしたらいいのかな

何ができるのかな 私に



できること すればいいよね?

ちいさなことしかできないなら、ちいさなことをすればいい。


直接力になれなくても、
情報を伝えたり、間接的なナニカにはなれる。


それがわかった。


ありがとうございます。


彼女のせいで苦しくなってた自分が情けなかった。

でも、これでいいんだ。



30年…

もう子供とはいえない時点からの その年数は

彼女を大人にしすぎたのだろうか…


私なんて まだまだコドモで…ちいさすぎる


だから仕方ないよね。


これから少しずつ、もっともっと仲良しになりましょ♪


そう。30年。

30年後には きっと すっかり軽やかなあなたがいて
その時もまたいっしょに笑いましょう☆


焦らずいきましょう。

長い年月かかったのだもの。

長い年月かけてもいいじゃない。



うけとったもの たいせつにするよ。

また おしゃべりしましょ。何度でも 何度でも。



彼女は もう大丈夫ですね!


言葉にしたくて…

ここで言葉にしてみました。

彼女のほんとうの笑顔、きっとすぐそこにある

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック