蚊取線香のように

蚊取線香。って、いちおう、円ですよね。

(外周の一点)端に火をつけると、
じっくり ゆっくり 静かに燃えながら 煙を出しながら

ぐるぐるぐる じわじわと 中心へ。そして燃え尽きる。灰になる。

ちょっと人生チック?

ゴール目指して 進んでく。


私のなかにある 成長 のイメージは、逆・蚊取線香というか…

中心から じわじわ ぐるぐるぐる進みながら

ゆっくり じっくり 外へ外へ広がっていくような感じで 大きくなる感じ。


木の年輪 と、少し似たような感じかもしれない。

だけど、ぐるぐると ゆっくり進む感じが 蚊取線香というか、
うずまきみたいのがいい。


蚊取線香について言ってしまえば、
あれは、ゆっくり燃えることに意味がある。

はやくサッサと どんどん進んで燃えてしまっては…

いくらあっても足りませんっ!


ちょっとでも なが~く 煙を 一瞬も休まず出し続ける。
これが蚊取線香の使命。

そのために うまれたカタチなのだと想う。
(違ったらすみません。確認してないです。)

蚊達を寄せ付けないためのカタチ(笑)


ま。それはともかく(^^ゞ



カタチにも それぞれ意味がある。

真っ直ぐでなければならないモノもあれば

尖ってなければならないモノもあるし

ま~るくあることに意味があったり

ぐるぐるであることにも意味というか、目的があるモノもあって…


とにかく いろいろですよね。


イキカタ。いろいろあります。

どんなイキカタで生きるか。行くのか。


私の場合、素早く動きたくても どうしてもそれは無理なので…

できる動きをするしかない。



とはいえ…

ぶ、文章、ぐるぐる長すぎですかね…(^_^;)


みるきーくらうん。なんとなく ひらがな にしましたが、

ひらがなのほうが ぐるぐるするかんじ? と 今、想った。(笑)


とくに、「み」と「る」

「ミ」と「ル」とは、なんか全然違う。


筆で書く文字の文化が関係してるのかな? ひらがな。


蚊 って、ぶーん て 飛ぶ虫だから…虫文。



蚊は私の天敵なのにっ!

小さい頃から よく刺されます(^_^;)

だから蚊取線香?(笑)


長い文の虫のくせにっ! (とりあえず、自らツッコミ)
ハイ。そろそろ終わりにします。

では読んでくださった方ありがとうございます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント