反省~謝を感じ中

(なんだか同じようなことばかり書いてしまってるかもしれませんが…
やっぱり 今を感じていたいので、今また書いてしまいます。)

私は無器用で、とろくって、なかなかテンポよく物事を進められず
それで、つい焦ってしまうことが多い。

「はやくしなさい」と小さい頃から言われ続けた言葉は
自分の中に染みついて、
いつの間にか自分が自分に言っちゃってるような気もする。
無意識に、自分自身に急かされてると感じることもある。

結局、焦ったところで
はやくはできなかったりするんだけど(^_^;)

それに…
はやさは関係なく、
けっこう調子に乗って、やりすぎてしまうような時もあるし…


唐突だけど。
もしかして、本を上手に読める人は、自分のペースを
上手にコントロールできる人なのかもしれない
ってなことを想った。


実は、私は本を読むのがヘタクソで、なかなか読めない…

だから 長いこと、まともに本を読まずに生きてきています。

中学生くらいまでは、普通に本が好きだったし、
二十歳過ぎてもしばらくは普通に読んでたと思う。
それから徐々に…
歳を重ねるごとに、だんだん読めなくなってゆく…
そんな感じできてしまってます。

「自分」というものが大きくなるにつれて。

なんとなく…引きこもりから出た後、
ある意味、自分が解放され…それから特に読めなくなってるかも。

といっても、
新聞はずっと(今年6月末に解約するまで)いちおう読んでいました。


それと関係してるわけでもないんだろうけど(?)
最近、友達から本をいただいたり、借りる機会があったこともあり…

ほんの少しずつだけど、久しぶりに また本を読むようになった。

いただいた本は、子供でも読めるように書かれてるし
内容的にも、私にも読みやすく、
そんなに長い本ではなかったのもあって
比較的 順調に読めたんだけど、

今 読んでるものは、私には ちょっと難しい内容で…

興味のある内容なので、読みたくて読んではいるけれど…

ちびちび読んでて、なかなか進まない。


言い訳をしてしまうと、

人の話を聞いたりするのは大好きなんだけど…

というか、私は言葉を 音 で認識したがりみたいで、

読んでて音にしづらいと集中できなくて
なかなか進まない…

文章に呼吸を感じられないと受けとれない。

そのへんの想像力が足りないのかもしれない。

読みながら、それをイメージしながら読むものなんだろうけど…


セリフみたいのは読みやすいんだけど、
説明の文章が特に苦手。

あとは、単純に、一行が長く
改行が少ないと読みづらく感じてしまう…


今読んでる本、お医者さんが書いてる翻訳ものなんですが
客観的に捉えると、
私にとっては耳慣れない言葉が多く、説明的内容部分も多いけど
インタビュー部分も結構あって、そこはセリフだし
そんなに読みづらいものではないと思う。

やっぱ、私の 慣れ の問題が大きいかもしれない。


新聞が好きだったのは、ある意味 授かりもの だったから。
内容を自分で選べない。
あちらから やってくる 感じ、が好き。

(あとは単に、視覚的に
段組という紙面構成のおかげで1行文字数が少ないし…)


頂いた本や、ひょんなことから借りることになった本は、
やっぱり授かりもののような気がして読んでいます。


なんとなく…
新聞をやめた分、他のカタチで授かる分があるように思うので、
それは受けとりたい気がする。

なんとなくですが、そんな気がします。大切にしてみたい。

あとは…
身近な人、自分を知っててくれてる人の言葉は
やっぱり特に ちゃんと受けとりたいなあと思ったりしてます。
特に大切にしたい。


今の私は、ちょっと反省気分。

だけど、私の場合、あまり反省しすぎると…
凹んで自己嫌悪までいってしまったりもするので…
(今日も一時的に凹んでた…)

そのへん ほどほどに。


何事も、過ぎたるは猶及ばざるがごとし。かな。
ですね、うん。(#^-^#)


少しずつ、自分との付き合い方、
自分のコントロールの仕方、
身につけてゆけたらいいなあ。


ふと。思い出した言葉。

絵を描くのも技術なら
生きるのも技術


そんな感じの言葉を
映画「ぐるりのこと。」で、尼僧さんがおっしゃってたっけ。
(この映画、とても良かったです♪)

技術は 体得していかないといけないものなんだと感じる。
頭で考えて、心・気持ちの整理とかも必要だけど、
やってみた感覚で
時には 痛い・苦しい・辛い なんてのも感じながら
嬉しい、楽しい、気持ちいい なんかを体験して
身につけてゆくしかない…


今まで抵抗のあったものに対しても、
なんとなく必要を感じたら、少しずつでも試みてみる
近づくようにしている。ほんの少しずつ…半歩でもいいや~の心で。

だから本も読んでみることにした。

だけど、なんか、本に向かっても
うまいこと進まないと こんな自分がイヤになってきたりもする。

「本も読めないのか、おまえはっ!」

とりあえず、自分に反論してみる。
「ちょこっとずつなら、読めます。」

アタシったら、なにやってんだか!?

ふふふ(*^。^*) まあいいや。


とりあえず、こんな感じで反省終了~♪
(て。反省になってんのか??)



兎に角、牛角(笑)

今日も どうもありがとうございま~す(*^▽^*)


私を知らないはずの誰かから授かった言葉と
私を知ってるはずの人から受けとった言葉を

感じつつ…

ごめんね(^-^ゞ
 &
(*^-^*)ありがとう。

謝を感じながらの今でした。



またまた、とりとめなく文章長くなってごめんなさい!
読んでくださった方、どうもありがとうございます(*^-^*)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック