ひとつ

目に見えるものを目にし
温かさに触れつつ
耳で聞こえるものを耳にしては
色々な味を香りを楽しむ

そのために生きる。

目に見えないものを見つめ
触れられぬ温もり感じ
耳で聞こえないものを聴きながら
名前は無い様々を味わう

生きるために。

頭と体と心と、まんなかで。
ひとつで。

すべてがひとつ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック