シンのこえ

すきすぎてどうしたらいいかわからなくなることがある
すきすぎてあたまがおかしいんじゃないかとかんじたりする
もうなんねんもこんなあたしで
もうなんねんもそのままのあたしで
これからなんねんもなんねんもあたしのシンはこのまま

これはおかしいというよりありまえすぎるふへんなことなきがする。

だからめのまえのわかることをひとつひとつやってくから
かわれるとこはかわってくから

あたしはあたしの芯をむりやりねじまげたくない。

たけのようにまっすぐあおぞらへとのびてゆきたい。


たましいをいれかえないかぎりかえられないことだってあるとかんじるから。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック