ねがい 願う

ねがうこと、のぞむこと。
ゆめ。ゆめみること。
欲。欲望。

願望。夢。

いろいろある。
いろいろあるから
かなえられないのだろうか。

よく想う。自分がのぞむこと。

ふと思う。
自分がのぞむことを、自分以外の誰かものぞんでくれたとき
それはかなうのだろうか。

よく、自分の願うことを言葉にして表に出した方が叶う
といったようなことを聞いたりする。
そうすることで、自分の気持ちを奮い立たせたり
イメージをよりはっきりさせられたり、
何かの きっかけ につながったり、
誰かに応援してもらえたり・・・
たしかにそのとおりかもしれないと思う。


欲というのは、とても強いものであり、
ある意味とても自然なものなのだろう。


望むという字には、 月 がある。
臨むと通じないわけでもない気がする。

なんつーか
ひとり でないような感覚があるんだよなあ。
のぞむって。

月っていうのは、ひとりなんだけど、
ひとりじゃないんだよなあと思う。

漠然としたイメージ。

欲というのは、ひとりで叶えるもので
もし、その欲が、ひとりでなく叶ったら、
それはもう欲というより・・・・・・。



希望。
ってなんだろう。
よく、夢とセットで使われたりもするけれど。
欲と願いの中間のような気もする。
ま。勝手なイメージ。



言葉にできない願い。
それはただの欲だから?

言葉にしてない私の夢。
ただの欲では成り立たないとわかっているから。

ゆめみることは、今もしているけれど
なにをどうかなえたらいいのか
かなえられるのかわからない。

ちいさなこともおおきなことも。
いろいろあるのに。
欲がありすぎる。

そして、私は、その欲を大事にする。

だからここで書いている。

"ねがい 願う" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント