自分の世界

僕のなかにはないものがたくさんある。

友人から旅行話を聞くのは好きだ。いろんな人たちから
写真を見せてもらったり、話を聞いたり。だけど、
恥ずかしながら修学旅行以来、旅行と呼べるものをしたことない。
多少の遠出をして「友人に会いに行く」ことはあるが
目的は、あくまでそれだけ。道中が小旅行といえなくもないけど。
友人からの話を聞くのが好きなんだ。
旅行の中に友人がいる景色、友人のなかにうまれた旅行の思い出
こんなものをのぞかせてもらうのが好きなのかもしれない。
僕の好きなその人が、
その人の好きなことなんかについて語るのを 聞く のが好き。
僕のなかに(現実的な)旅行なんて一つもない。
でも、旅行が嫌いとか、そんなんじゃない。旅行好きな人は好き。
こんな感じで、旅行に限らず
車やバイク、ゲーム、スポーツ、ファッション、ショッピング、
ブランド、グルメ、インテリア、ウェディング、ペットetc.
ブログの趣味のテーマ? みたいになりそうなものは、
僕のなかには ない。嫌い、というわけじゃないんだ。
これらを好きな人も好きなんだ。ただ、ボクのなかに直接は ない。
直接取り入れる余裕がないんだろな。いろんな意味で。
それでも不満を感じないんだ。なぜかわからないけど。

心とか思想とか、そんな感じのものに関心の強い人が特に好き。
なんとなく、気が合うし。話しやすい。
笑い、音楽、芝居なんかに興味の強い人と仲良くなる。
気がつくと、そういう人ばかりと親しくなっていた。

言葉の力を信じようとする人。こういう人は特別。
気がつくと、特別大切な人になっている。

僕の中に直接はないもの と 僕の中にしっかりあるもの
これらがまとまって、僕の中を満たしている。

僕の世界。めちゃめちゃ狭いんだか広いんだか…わからん!

髪は自分で切り、服はもらいものばかり。
スーパーの特売や値引き商品ばかり買う。
つまり、ビンボークサイ それが 僕♪
それでも、なぜか、不満を感じない。
きっと…周りに 恵まれてる からだ。授かりモノが多いだけ。
自分自身で手に入れたものはナニひとつない。
だから、きっと、僕は自信がないんだろうなあ。自身が ない。
ふと思う。
白身 と 自身 って、パッと見 似てるよね。

このブログを楽しんでくれる人は 限りなく ない に近い?

"自分の世界" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント