たとえ親子といえど…

血の繋がりは やはり特別…
でも、それこそ 親子 といったって
別々の人間…

親は親で、特別な存在。大切にしたい…
とはいえ、だからこそ複雑な感情を持ってしまうこともある。

基本、「この人も一人の人間に過ぎない。私も。」
という気持ちを忘れないように…

と思いつつも、忘れてしまう時もあり、
反省したり、自己嫌悪に陥るときも…


ブログを始めてから、自分自身を見つめて
言葉にして…
そういうことを重ねているし、

想いを 言葉 というカタチにしてあらわす 表現する
ということの 効果 は、少しずつですが
自分自身にあらわれているような気もします。


近くにいるからこそ難しいけど、
やっぱり感謝してるし…
照れくさかったりするけど
ありがとう とか、なるべく 一つ一つ言葉にしてみたい。

引きこもりを脱してからは、だんだんと
できるようになってるとは思うけど、
まだまだ…

少しずつでも やってこう


「ありがとう」この言葉について、今度またあらためて
書いてみようかな、なんて思っています


(ありがとうの気持ちを言葉にして伝えるのは
幸い苦手ではないほうなんだけど、
親に対してだけは、やっぱ…まだ苦手なのでした~)

家族とか、近い相手ほど 難しいことってありますネ…
だから、ネットとか 遠い相手と話したりすることで
かえって いろいろ気づく きっかけもらえたり…

まあ焦らず止まらず進んでゆきたいです☆

"たとえ親子といえど…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント