海にあいたい
そんなことを想う

わたしにとって海は身近でなくて
それなのになんだか

わたしも命だからイキモノだから

海になんだか


私は空が大好きで
空は遠くて でも身近で
いつもすぐ見える いてくれる
いつでも会える


海は空が大好きだと
なんだかそんな気がしてしまう

空は海が好きだと抱きしめてる

なんだかそんなふうに想えてしまう


海にはなかなか会えないけれど
海には触れることができる
感じることができる

空にも触れてるはずなのに
感じてるはずだけど


海には味がある
甘くないのに
人に必要な
引きつける 力がある


海の力は
目だけでなく耳にも鼻にも舌にも肌にも
しっかり感じさせてくれるもの

確かに ある と すべての命に伝えてくれる


このほしからのプレゼント

みなに平等に届けられるナニカ


だから愛のかたまりみたいなんだ

愛のうねりは消えない


消えたらここにはなにもないからっぽのほし


だから空は守ってる包んでる愛してる海を


このほしは相思相愛のたからもの



みずのほし
真実つなぐあおとあお
ひとつのまるがすべてひとつぶ

"海" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント