単独という色の時の命

単独だから繋がりたいんだ繋がることができるんだ
一人だから独りではなく
ただ、独りの 時 が必要で

はなから一つだったら繋がることができない。単に一つなだけで。

時 は、色を変えないと単独になれない
繋がることができない

時は一つで切れ目なんてないから

色を変える。そして 繋がりを感じさせる。命に。

いろんな色の時を過ごすから
命も時も生きていると言える。


一色だったら生きる意味がない。生きてるなんて言えない。

"単独という色の時の命" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント