映画『ガチ☆ボーイ』感想 7 ~親子~

親子の関係って、けっこう難しいですよね…

『ガチ☆ボーイ』では味のある親父さんが出てきます。
切ないというか…

思い出すと泣きそうになります…

親というものは、やはり我が子に期待してしまうものなんでしょうね。

私は親になったことないけど…


期待されてれば、子はそれを感じるし、
それに応えたいと思ったり、反発してしまったり…

期待されなくなっても、それは感じるし…


私も子の立場ではあるので、
映画観て、たくさん想うことがあり…


この親父さんに泣かされました。

いい味出してんなあっ!


子としてのガチ☆ボーイも…

根が真っ直ぐだから、素直になれないのは
つらいよね…

て。

もうっ! 『ガチ☆ボーイ』ってば、ツボおしすぎっ(笑)


んなわけで、ツボおされすぎて、かえって感想うまく書けないのでした!



なら書かなきゃいいじゃんっ て話なんですが…(^^ゞ

ごめんなさい。
でも、
ごめんなさい と感じてることが
ごめんなさい、なんだよね…ごめんなさい。
だから…
ありがとう。母、そして。父。

"映画『ガチ☆ボーイ』感想 7 ~親子~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント