シンのこえ

すきすぎてどうしたらいいかわからなくなることがある
すきすぎてあたまがおかしいんじゃないかとかんじたりする
もうなんねんもこんなあたしで
もうなんねんもそのままのあたしで
これからなんねんもなんねんもあたしのシンはこのまま

これはおかしいというよりありまえすぎるふへんなことなきがする。

だからめのまえのわかることをひとつひとつやってくから
かわれるとこはかわってくから

あたしはあたしの芯をむりやりねじまげたくない。

たけのようにまっすぐあおぞらへとのびてゆきたい。


たましいをいれかえないかぎりかえられないことだってあるとかんじるから。

"シンのこえ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント