脳。~また つぶやきます~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080911-00000009-mai-soci

また脳ネタです。

これと一緒にしてはよくないのかもしれませんが、

高次脳機能障害のなかには
「発達障害」というものに分類されるものもありますよね。


専門知識がないので感覚的にしか感じられないのですが

どれもつながってることだから…線を引くのは難しいし
でも線を引かないと不都合も多いだろうし…

大変だとは思うけれど、視点を上にあげて
全体的な見方で、専門的な研究を進めていってほしいなあと期待します☆


私は私なりに、まったく違う方向から

このへんに これから

自分なりに

とびこんでゆきたい気持ちです。


全然違うけど、おんなじ。

ぜんぶひとつだから。


この感覚って、個人差が大きいのだろうか。個体差って呼ぶのかな…。



昨日 出会った人との会話のなかに
統合失調症という言葉が出てきてたので。
(彼女が言葉を言いなおしたこと、心に しっかり残ってた)

このニュース記事の見出しに反応しました。


ま。要するに、

人それぞれの
個性うんぬんを考えたり、感じたり、想ったりする時、

身体的な個性、精神的な個性の、個人差・個体差に加え

脳の 特徴 の、個人差・個体差

という視点をプラスするのが当たり前になったら

どうなるんだろう? って想うのです。

脳は、身体の一部であり、なんとなく精神の一部でもあるようだし…

身体も精神をも司る部分でもあるみたいだから

人間の言動と 脳の特徴との 関係、結びつきは

やはり強いのかもしれない。


逆に言えば、言動が、
脳の特徴をつくってることもあるのかもしれないし。


知能 というより、もっと単純に 脳そのもの の

脳の特徴 を

それこそ、
身長○○○センチ、視力は いくつで…と、
こまめに測るうちの 一回くらいは

(正常・異常を確認とかそういうんじゃなくって)
シンプルに すべての人が

簡単に測定できるようになったら

もしかすると、マイナス面もあるかもしれないけれど

意外なプラス面も出てきそうな気がする。

て。

ここで私が一人で つぶやいたからって、何がどうなるわけではないのだけれど。



こんなアタシの脳は いったいどうなってんだああああっ!
と思ってしまう者の つぶやきで失礼しました

"脳。~また つぶやきます~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント