久々に書きます☆

最近、嬉しいこともありますが、反省することも多いです。


まず、ありがたいコメントを頂戴したので、そのことに関連して書きます。

以前、何度か「ニート」について書きました。
ニートには可能性があるぶん、今ある価値観・発想に縛られず、
意外な発想も含めて 何でも試みてチャレンジするのがいいのではないかと
私自身に対する想いもあり、かなり無茶苦茶なことを書いたと思っています。
批判は覚悟の上で書いたのですが、
わざわざコメントしてくださる方は少なくて…

「ニート」を含むキーワード検索からのアクセスがそれなりにあり、
アクセス数の少ない私のブログの中では
(ヒット曲について書いた記事を除くと)
特に「参照数」が多いのがニート関連の記事です。

それだけ関心の高い事について触れているのに
共感がないのは当然として、批判がないのは

私の文章は、批判すらされる価値がない文章だ

と思ったりしていました。

批判されたからといって、価値があるとはいえないけど
少なくとも、ページを表示しただけでなく
「読んでくれた人がいる」ことがわかったし、
しかも、ちゃんと読んでくれて、ちゃんと批判までしてくださったことが
本当に嬉しかったです。

何かしらが伝わったこと、
受け取ってくれた人がいることが有難いです。


私自身は、とっくに ニートの定義の年齢を超えていますし、
自分をニートとして語ったとしても、
ニートの人から見れば、ニートですらない存在で、
日々お仕事を頑張ってる方から見れば、ニートより価値がない存在かもしれません。

本当は、

仕事も肩書きも何もなくても、
数は多くなくても自分の周りの人々を大切にし、
その人達から必要とされるような生き方をしていれば…
つまり、どんな形であれ
人とちゃんと交流し、自分自身やりがいを感じることができれば
それで構わないのでは?

ということを、自分自身をさらすことで伝えてみたいと思っていました。

けれど、それを投げ出しかけてました。


私は現在、地元の社会福祉協議会が提供している
在宅福祉サービスの協力会員になっています。

結局、何も肩書きがないのは、とても苦しい…


自分の弱さを思い知ってます。


いくら他に、
自分に ちゃんと やりがいのあることがあったとしても

それを気軽に人に話すこともできず、
独りで悩みを抱え、相談することもできないまま
「それだけ」をし続けるのは

私には無理でした。


結果的に、協力会員の活動を始めたことは、
出会いに大変恵まれ、
いろいろと自分にとって非常にプラスになっています。

時間も日数も少ないし、仕事ではありませんが、
謝礼をいただくこともできるので
そのことも単純に嬉しいです。

直接、人と触れ合える。
顔を見て話せる。その人の笑顔を見ることができる。
自分の顔を見てくれる。一緒に笑いあえる。

たまたま知り合った方と、そのような時間を持てる有難さ。


「直接」とは言えないかもしれないけれど、
このブログでも
たまたまステキな人と出会えて
一緒に おしゃべりできたり、笑ったりできて
それは とっても嬉しいことだし、
そういうことをしたくて このブログをやっています。

でも、ネット上で、たとえ たくさんの人と出会えたとしても

やっぱり、直接
自分の目で相手の表情を見ることができたり
自分の耳で声を聞くことができたりすること無しでは

人間は生きてゆけない。

目が見えなくても、耳が聞こえなくても、
直接 触れ合える人間がいないと
人間は生きてると言えないかもしれないです。

だから、そういったことをしつつ、

例えば
ネット上で何かするとか、ネットを利用して人と交流するとか
そういうことをするのは構わない、と感じています。


とはいえ、ネットでの人との交流が きっかけ となり、
自分の気持ちが広がり、
ネットでなく、直接的な人との交流を求める気持ちが
芽生えるかもしれないし…


「仕事をする」というのは、人として当たり前のことだと思います。
だけど、もっと自然で当然のことは、

人は人と交流するイキモノで、

その交流を

うれしい 楽しい 好き ありがたい

と感じられるのが、

人が人として「生きている」ということだと実感してます。


それこそ、涙が出るほど

うれしい 楽しい 好き ありがたい といった感覚は、

心からの交流、本気の交流で感じられるもので

本当のもの ではないかと思います。

それが感じられるなら、
ネットを利用しての交流も、立派な交流です。

(時には、涙が出るほど、悲しい、苦しい、悔しい、腹が立つ…
それでも構わないかもしれません。)



中途半端な私が、ニートと呼ばれる状態を過ごしてる人に
何か言っていいのなら…

もし、何もしたくなかったとしても、

人との交流だけは、試みてほしいです。


数は多くなくてもいいし、「仕事」と呼ばれるものでなくても構わない。


私が このブログで「ニート」について触れたいと思ったのは、

心が閉じてる状態で、

特に 人と交流するのが嫌だから
何もしたくない状態の人がいるとしたら そういった人に

何か感じてもらえたらいいなと思ったからです。


そして、もし、
ニートと分類される立場にいても、
自分なりに一所懸命生きて
ちゃんと自分で満足してる人がいるのなら、
その人を応援したい気持ちがあります。
世間の目は痛いかもしれないけれど、
すべての人間が
「分類上 ニート と呼ばれる人」を批判してるわけじゃないことを伝えたいです。


要は、

「ニート」 といっても、いろんな人がいるのではないか、

ということで、

この考え方は、すべてに当てはめて考えたいのです。


それこそ、「社長」といっても いろんな人がいるでしょう。
必ず立派かどうかは…わからないと思います。

教師、医師、弁護士…

母親、父親…

フリーター、パラサイト、引きこもり…

何かしらの病気や障害がある・ない…

肩書きや役割、分類、いろいろありますが、

それぞれ様々な事情があったりするわけで
人生経験もバラバラ…

年齢だって、あてにならないことも多い。

単純に世の中のイメージで決め付けたくない。


そして、「仕事」「働く」という言葉のイメージもそうです。

会社勤めをすること、とっても立派です!

会社勤めに限らず、職業を持って生きるのは、
どんな職業であれ、簡単なことではないです。

でも、「職業」に分類されることでない

「働き」や「仕事」もありえます。


別に、どこかの団体に属さなくても…


自分にとって、やりがいのある「役割」みたいなものは
あったりして、たぶんそれは、
一般的には
あまり理解されなかったり、認められなかったりする可能性が高くて、
そんなの違うよ!
と言われることも多いと思いますが…


人と違うことをおそれず
どんなに時間がかかっても
自分の信念を貫いて、何か成し遂げようとしてる人がいるなら…

その内容にもよるけれど…

やっぱり敬意を持って応援したいし、


私は私なりにマイペースながら
がんばってゆきたいです。

人に ちゃんと提示できるような
結果を出すことが何よりのこともあるとは思うけど、
結果を出せなくても、出す前から
自分の中で 一つずつ、小さくても実を結ぶのを感じながら
生きてゆく人生もあるような気がします。


私は…
ずっと わかりにくいものを
大好きでいつづけてるから…
こんな私だからの しあわせ があること
もっと もっと大切に
楽しみながら いっぱい味わってゆきたいです。

この味は、この世の中で 私しか味わえない。

広い世の中で
似た味を味わってる人もいるかもしれないけど、

私が味わってきてる これ は、私だけのもの。


そんな感じで生きてても、
人生 構わないと思うのです(*^-^*)



長々と申し訳ありません。
最後まで読んでくださった方、どうもありがとうございます。

もしも何か感じ、受け取ってくださったとしたら…幸いです♪

"久々に書きます☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント