テーマ:

次第という流れの中

私次第あなた次第 自分次第 次第という流れの中 人はひとつひとつ縁とつながる 時の流れ時代の渦中 ひとつひとつの人の動きが連なりうねる 今この瞬間の自分次第には限りがあり 限界という関門が立ちはだかるかのよう 今この一瞬も誰かの自分次第が世界にひとつ立ち 関係は門を開き流れに限りは無い この世界に自分次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感動

感動という宝物。今までたくさん授かって生きてきた。 涙はつきもの。つくもの。 つかれるもの。 涙につかれる。 涙がついてくる。 涙はついてる。 なみだつこころはうるおいながれてく なにかがながされあらわれる そこには笑顔。 やさしさがあってほしい。 わたしのなかに。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芯を信じてる 自身を信じなくても 自分の芯を信じてる 真の心で愛してる みずからの真ん中かようその芯を愛せば自身もまた愛せてる 何を通わせる? 自ら通うところにきっとそれはある
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありのまま

ありのまま うけとめてみたら 今のままじゃだめなんだ ありのまま うけとめてみたら 今までのぜんぶでいいんだ ありのまま うけとめてみたら 見えてきた 今まで見た事なかった 今までずっと見たかったもの 今までのすべてが見事に一つになるものが見えた瞬間 これからだ それを本当に見るのは ありのまま う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タダイマ

その時を 何もせずに待つのではなく 今という時を 今のこの自分を 今のこのすべてを 感じて この時のなかの大切なものを見つけ見つめ ちゃんと生きてくから。 ちゃんと生きてるから 待ちたいのです。 いつまでも。 この時も生かして その時が生まれるのを。 だからすべてのために今はここにいます。 そしてまたかえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つたえたいこと たいせつなもの

つたえたいことは たいせつなもの たいせつにしたいもの 大切にしたいから ありがとう を感じるもの うけとったもの 必要なもの いつまでもずっと たいせつにしたいもの
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必要なもの 受け取るもの

必要ないものが イラナイものだとは思わない。 今の、私には、必要ないもの  は、受け取らない。 今の、私に、必要なものだけ、私は  受け取る。 何が必要かわかんないときは 受け取りたいもの受け取る 受け取ったとき気づく これが必要だと。 いろんなものを受け取りながら気づく ずっと必要なもの。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良いと思うもの やりたいこと

良いと思うもの と、自分がやりたいことが一致しないことがある。 自分がやりたいことが 良いものでないほうがいい なんて思ってないけど 自分のやりたいことは 良いものでなくていいと思ってる自分がいる。 良いと思うものを大切にしたい気持ちはいつもある。 自分がやりたいことは 良いと思うものとは違っていい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう

無性に ありがとう と声をあげたくなる時ありませんか とにかく言葉にしたくてたまらない時 そんな時 時間問わず いつでも ありがとう 言葉にして記してみちゃうのです ありがとう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつものように

いつものようにしたいことがある。 いつもどおりできないときがある。 なんでだろう ただの いつも が… あ。 こんな時もある。これもいつものことでした。 いつもの気持ちは、いつも変わらない。 ただ時に動きが変化するだけで。 気持ちは目に見えない 動きは目に見える だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分だらけの自分のままに

自分のなかに いろんな自分がいて どれも自分。 よく笑う自分 すぐ泣く自分 元気な自分 落ち込む自分 素直な自分 強がる自分 頑張る自分 怠け者の自分 挙げたらキリないね。 その時 その時 どの自分? 時には ごちゃまぜ よくわからん自分。 弱気な自分 不安な自分 怖がる自分 みんな、いても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢想妄想空想奏創

想うだけではナンにもならない だけど 想うことからナンでも始まる だよね。 夢想妄想空想したなら全て奏でて音にする 予想構想発想創って出来る事からソウしましょ。 一つ一つを幾重にも何層重ね辿り着く? 行方に遭難待ってても そんなん負けずに進んでこ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たいtieタイ

見たい聞きたい言いたい食べたい行きたい触れたいイダキタイ たいタイうるさい音ですが 見tie聞きtie言いtie食べtie行きtie触れtieいただきtie 自分の想いを夢を希望をタイたい結んで繋げtie カナエタイたいから音にしtie
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは…

生まれたら まず泣きます。笑うのは その後です。 この世に生れ落ち、いつの日か あの世へ昇るまで。 まずは落ちてきたんです。 落ちて泣くことから まずはじまります。 だから笑うんです。そして昇るんです。 命果てるまで続けるんです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

単独という色の時の命

単独だから繋がりたいんだ繋がることができるんだ 一人だから独りではなく ただ、独りの 時 が必要で はなから一つだったら繋がることができない。単に一つなだけで。 時 は、色を変えないと単独になれない 繋がることができない 時は一つで切れ目なんてないから 色を変える。そして 繋がりを感じさせる。命に。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泣くことではなくて

かなしいのは泣くことではなくて かなしいのに泣けないこと 泣きたいのに泣けないこと 泣きたくない自分がいること 泣きたくないならしかたない 泣くことではなくて笑うことしたらいい ただそれだけのこと 泣きたいのに笑いたくて 笑いたいのに泣きたくて これはこれでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逸る気持ち 逸れない心

落ち着いて焦らず進んでいこう。 今 言葉にしたい想いが たくさん たくさん ちょっとあばれだしそう… こういう時こそ、落ち着いて。だいじょうぶ。 やっぱり こわい気持ちは 今もある。 だけど… 自分に負けずに 自分を敵にしないで 自分と闘う。 私の敵は いつも私。 だから いつも「ありがと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目の先には 見えないこころ

見上げるよ 青い空があるから。 うつむくのは得意だし 足もとだって見たいけど 今こそ見上げるよ そこにきみがいるから。 目に映る だいすきな色のやさしいその時間あの時間も 空は いつでも空だから。 それがだいじなこころ。 それを感じて目指してく。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一粒の実感

一粒 感じる。そこにある一つ一つの琴の葉っぱの音。 そこには実感がある。だからずっとそこが好き。何年経っても変わらない。 言葉の イミするものなんかじゃなくて、その感覚は 現実に自分のなかに感じてるものだから。その一粒 一粒。 その粒粒が美味しい。まっしろで やわらかくて ねばりづよい お米みたいな立ってる粒。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

叫び!

結局自分が何も困らなくたって すぐそばにいる人が困ってたら自分も困るっ! 自分が不自由なく生きていたって、 周りにいる人が生きていられない状態だったら 自分の心が自由でのびのびなんてしてらんないっ! 結局、自由に楽に生きてるから そのまんまで生きていられるわけが無い! これはこれで当然っ! 私なりに悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の意

忘れないとか憶えてるとか それは便利だったり不便だったり 楽しかったり辛かったり ただ しあわせは 忘れたくない 憶えていたい そういう時間を生きること。 忘れるとか憶えてないとか、 どっちでもいいんだ。 忘れてても、憶えてても、そういうことは どちらでもいい。 心に意が生まれる生まれてた。 それが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたのために

あなたのために生きられたらと想う あなたのためだけに生きてゆけたらと。 だけど自分のために生きられないような私では 誰のためにも生きられない気がしてる 誰のためにもなれないような私では 自分のためには生きられない 自分のために生き 誰かのためになれたなら あなたのために生きられる そう夢見て空を見上…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

生きていると…

生きていると、当然、日々いろんな事がある。 大きな事 小さな事 さまざまな出来事のなか 大きな動き 小さな動き 自分の出来る事してみる。 いつも思ってしまう。「どうしたらイイだろうか?」 悩む 迷う わからなくなる。 そして想う。「どうしたいんだろう? 私は」 答えが一つでない事もある。 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しんぱいアリで!

心肺 ドキドキ ハラハラ 心配 とまったら生きてはいられない 心肺あるから生きてける 心配あっても生きてける ハイハイ 了解 それでいい シンパイなしでは生きてけない それでいいです。ダイジョウブイ! シンパイあって心配なし!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおきくなりたい

もっとおおきくなれたらいいな だれもつぶさないくらいおおきく もっとおおきくなれたらいいのに なにをのせてもつぶれないくらいおおきく もっとおおきくなれたらきっと あいたいひとのすがたもみれて もっとおおきくなってると おおきなゆめもかなってる Thank … 雨あがりの観覧車 歌詞/遊佐未森 … …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

記して憶える

記すのは憶えておきたいから 記したいことがたくさんあるのは憶えておきたいことがたくさんあるから 憶えておきたいことは生きててよかったと感じること いわゆる良いことでなかったとしても 記せないこともある 記されたコトバ受け取りたいのは 記したコトバ受け取ってほしいのは 憶えていたいから 憶えててほしいから …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人と木の私」について

「人と木の私」について 自分で書いた詩に、自分であれこれ書くのは照れくさいのですが… ちょっと書いてみようと思います。 今の私、気持ちは元気だと思う。だけど心の奥には いろいろなものがあって、ソコには根っこがある…というか 芯みたいなものがあり…ここを今、うたうとこんな感じ?かも。 今、体のリズムでいうと快調な時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人と木の私

わたしの根 見上げすぎて見えなくなる時々 あ。思い出す 瞳とじる音(ね) しずかにはきだすことの葉 わたしの芽 起き上がり生きてゆく時、時 ま。あせらずに 見つめている夜(よ) ゆっくりすいこむ時、目、気 ひとつずつ感じ手のばしてゆく枝(し) このひととき味わう、わたし …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

記憶に残ること

記憶に残り刻まれるなら それでいい 誰かが自分に刻まれること 自分が誰かに刻まれること 一日でも 一生でも 一瞬でも残れたなら 生きた私がそこにいる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶に残らないこと

忘れるということはあってもかまわない 忘れるということがあったほうが救われることもある 記憶に残らないこと 記憶に残したくないこと 記憶に残す必要ないこと そんなこと忘れて生きてゆく。 忘れたくないこと 記憶と呼べない何かに残り続けることもあるのだろう。 記憶に残らないこと 自分の意思より 誰かの意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more