テーマ:ことばあそび

しょうがない

しようがない し様がない シヨウガナイ しょうがない しょーがない ショーガナイ しょうもない しょうむない ココロ。 どうしようもないから楽しんでみる♪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の手

【神の手は、だれでも持っている。誰かのために祈りをこめて鶴を折る時、その手には、きっと神が宿っている。】(本日、テレビ朝日にて再放送の『おみやさん』より)千羽鶴は たくさんの神の手からうまれたもの。【たくさんの神の手に守られている】誰かを想って祈り鶴を紙で折る。そんな風に言葉というカタチをつくれたらそんなカタチが集まったらそれは神の祈り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイペース

マイペースで。いつもいつも。 だけど誰かに引っぱってもらったり、追いかけたくなったり ときどきいつもより はやく いそいで。 だけどだけど。マイペースで。 いつも私は のんびり じっくり イキタイのです。 だからだれにもいつもいつもそばになんていわず たまに遇えたら偶偶どこかの隅っこで たとえば仮に そんなおは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なみだのときは

なみだのときは ひとりですごそ そうおもうなら ことばはいらぬ さはいえぬ たまにはいいさ ひとりでなくて そうおもうなら ことばはちから いはなしで わからぬものは ただあふれてて わかるものだけ ここにあふれて しもころす おもえばほらね ついほほえみが あるからゆこう あしたもそこへ みかびです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねこいろ

白猫 黒猫 三毛猫… 猫にも いろいろ 色がある。 猫好き色。そんな色もあるよな気がする。たくさんの猫好きな人たち。 いろんな人がいるのに、なんとなくどこか 通ずる色があるよな気がして。 それって 猫色? 猫と暮らしたことはない。 猫との時間は、あちこちでの ほんのひととき。 いちばんの記憶は子供の頃の夏休み。猫に遊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おもしろいこと

けっこうマジに話してて、マジに考えてて…だから、そんときは 別に気にしてなかったけど、あとから思い出して、なんか楽しくなった。 んなことがあった。 ぽんぽこぽんぽこ「わからない」を連発された。 自分もしてたかな、そういや。 そう。 何も考えず、考えることを放棄して「わからない」と発するのでなく 考えてみて、その「わから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こく

コクがあってキレがある! て、ビールの宣伝か? こく こく いきたい。濃く 酷 告 克 石 刻 黒。 暗黒 漆黒 大黒さん コクコク刻んで イシもって 酷を克する 剋 刻 濃く 時剋 告げるは こくこくと眠り続ける 船頭さん まっくろくろすけ はしりだす コクを愛せりゃ 自国も愛せる。そしたら地獄も愛せる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手にできないもの

ココロを手に持てたら ゾウキンみたいに ぎゅっ。しぼってみる。 ぐちょぐちょの よごれたみずけ ちょっとでも きえてゆけ。 ココロを手に持てたら どこが熱いのか ジッ。みつめてみる。 ひりひりと はれあがった ソコにふれ みずぶくれ。 ココロを手に持てたら 床に落として ぐちゃ。つぶしてみる。 こなごなに こわれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばかみたいに…

なみだがとまらないときがある コントロール。できたらいいけどできやしない。 自分を嫌う時。あってもいいと思ってる。 自分を嫌った時。胸が苦しかったらそれでいいんだと思ってる。 その胸の痛み。ずっと憶えてたっていい。 いつか赦せるよう 自分に笑えるよう ちゃんと生きてゆけば。 自分を 殺したりなんかしない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命名 みるきーくらうん

少し前、新聞で別々の日に続けて同じような言葉を目にしてた。 ずっと気になってて、書いてみたくて、書けなかった。 職業。これはとても大切。だけど、 要は、「どんな人間であるか」どんな風に生きるか。 意気地ないけど、弱虫だけど泣き虫だけど、いっぱい泣くけど泣いた後は 道化て生きてたい。だって 笑顔見たいから。笑顔でいたいし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降ってくるもの

降ってくるもの。舞い降りてくるもの。落ちてくるもの。 それが好きだ。 思ってもみなかった ちいさなことが 大事なことにつながってゆく。 そのひとつ ひとつが たまって ぼくになってゆく。 ぼくのすべての動きが 新しいボクをうんでゆく。 ひとつ ひとつ 宝物。 いつも いつも そこにある ボクの宝箱に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声乞え請え恋え肥え越え超え

夜になり闇が訪れ静けさに包まれる。とても自然なこと。 日本の夜はとても明るくて光に満ちて楽しいことが賑やかに溢れてる。 もちろん、日本の全部がそうだというわけではないけれど。 もともと僕は夜型で、夜が好きだ。 夜見るテレビ、夜聴くラジオ 欠かせない そんな生き方。 これが普通。当たり前のこと。 このままで、ナニカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことだまあそび 連想ゲーム

ことだま言霊 ことばのタマ たまたま 偶偶 偶然必然 これ自然。 玉剣鏡 三種の神器 玉 珠 球 弾 魂 霊 多摩ちゃん♪ たまがわのはなび たまや~! ○ たまはころころ ♪ぼっくの コロは 屋根の上~(by大貫妙子さん『みんなのうた』) 地球の上に○ 地球は○ すべては○ 核も○ 書くも○ 描くも○ 画くも○ 掻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快便

便秘は つらい ためこむのは おもい 出さずにいるのは しんどい 出す というより 出ちゃった 勝手に 自然に んな感じで。便も 便りも出たらいい。 出口は ふさがず。表に現われる その言葉 そのままに。 それを受け取ってくれたら ただ うれしくて。 その先を間違えたら いけないのかもしれないけれど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつまでも また

「またね」 言葉にしてもしなくても 間があいてもあかなくても いつでも なんどでも その気持ちで いつまでもいられたら それでいい それがいい どこにいても なにしてても なにもしてなくても いろんなことがあるから どんなときもずっと かたときもはなれずなんて ありえない。 うまれたての あかちゃんだって …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縫い目

横着な、まつり縫い。 てん。テン。点。 表から見ると、点のよう。 縫い目。 点と線。 線は つながっている。 点は とぎれている。 縫い目は、点に見えても、ずっとつながっていて 表 裏 表裏 行ったり来たり。 丁寧に返し縫いなんて・・・ ま。たまに。 要所要所。のみ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more